落合楼村上の館内の楽しみ


※落合楼村上泊を含む伊豆旅の記事
熱海、うな正で鰻ランチ
落合楼村上へのアクセスは修善寺駅からバス→湯道散歩がオススメ
林芙美子が滞在した藤二の部屋のご紹介
宿泊者が入れる3つのお風呂

落合楼村上、館内での過ごし方

散歩

のんびりすることを目的として向かったので何をしようと全く考えていなかったが、ぷらぷらと散歩するだけでも楽しかった。

猫を愛でたり、

付かず離れずの距離でこちらを見る猫

 

鬼を探したり、

節分だったので館内のあちこちに鬼が潜んでいた

 

川を眺めたり、

屋外なので冬は寒い

 

釣り橋を渡ったりした。

揺れるので高所恐怖症の人には辛いかもしれない

 

吊り橋の向こうにはコーヒーが飲める茶房があった。
電気も水道もなく、ただ川を楽しむだけの場所らしい。

遊びもの

宿泊者が楽しめるように遊具も用意してある。

温泉といえば卓球。

有料。30分540円。

 

単純が故にやると熱くなる輪投げ

子供の頃、全く同じものを持っていた。懐かしい!

 

囲碁

輪投げと囲碁は無料

他にも…

帰る間際に気が付いたので利用できなかったのだが、読書室があった。
本がたくさん置いてあったのはちらりと見えた。

写真を撮り忘れたが、お手玉でも遊んだ。
こういう単純な遊びは、普段は全くやらないが、一度やると夢中になってしまう。

また、毎朝10時からは、どうしてこの宿が登録有形文化財なのかが分かる贅と技を堪能できる館内ツアーが行われている。
館内ツアーは、このためだけに宿泊に来る理由となるほどの素晴らしさだったので、また別の記事で紹介する。

伊豆旅の記事

熱海、うな正で鰻ランチ
落合楼村上へのアクセスは修善寺駅からバス→湯道散歩がオススメ
林芙美子が滞在した藤二の部屋のご紹介
宿泊者が入れる3つのお風呂

ストレングスコーチになるまでの試行錯誤と
ブログの更新情報をお届けします

Twitter で