MENU
しずかみちこ
Gallup認定ストレングスコーチ
ストレングスファインダー(クリフトンストレングス)の専門家として、個人やチームが「強み」を活かして最大の成果を生み出すためのコーチングと研修をしています。

リクルートスタッフィングで経理したり、レアジョブの管理部門立ち上げたり、ブラック企業に入ったり、上司の横領見つけて辞めさせられたり、人の会社2つ作ったりと波乱万丈な職歴の後、独立して今に至ります。

投資と経理スキルでお金をデザインし、ストレングスファインダーで強みを活かしたら、人生が楽しくなりました。

趣味は野球観戦と美味しいものを食べること

収集心・最上志向・戦略性・未来志向・分析思考
ストレングスファインダーのnote

ストレングスファインダーの個別セッション、受付中です 詳しくはこちら

社員が簡単に逃げ出す風潮になればブラック企業は消滅する…!

先日書いた、ブラック企業からの逃げ方の記事。
これは、当時の私のように、追い詰められて会社を辞めたいけど辞めるのは無理と諦めている人に、こういう方法もあるんだよ、逃げられるよ、と言いたくて書いた記事だ。

この記事をたくさんの人がシェアしてくれて、その中にこういうコメントを見つけて、はっとした。

ブラック企業を逃げ出す方法 これなら今すぐ辞められる – 自分の心を殺してはいけない

良記事。ブラック企業はバッシングなんかでは目立った企業1つ1つ潰すのが関の山だが、社員が簡単に逃げ出す社会的風潮になれば消滅する。こういう記事が色んなパターンで出てきて広まると良いと思う。

ブラック企業を法的に規制するのは難しいと思っている。
ブラック企業かどうかは、心をどれだけ痛めつけられているかの問題なので、残業時間が◯時間超えたらアウトというように客観的に判断できる指標というものがないからだ。
そうであれば、社員ひとりひとりが危険を感じたら逃げ出すことが当たり前になること、これがブラック企業を無くすための近道なのだ。

私が書いたブラック企業からの逃げ方の記事を、読んだ方が今は必要としていなくても、将来うっかりブラック企業に入ってしまったときに思い出してもらえると嬉しい。
「逃げたって問題ないんだよね」と、心が潰される前に辞めるきっかけになると嬉しい。
こういう知識がもっともっと広まって、ブラック企業を無くすことに繋がったなら、とてもとても嬉しい。

広めるために、どんどん声を上げていこう。
私が過ごしたあの辛い一年が、誰かの役に立つのなら、こんなに嬉しいことはない。

目次

合わせて読んでほしいブラック企業関連記事一覧

ブラック企業の逃げ出し方
ブラック企業はどんな会社のことを指すのか
死にたいほど辛くてもブラック企業を辞められなかった理由
ブラック企業を辞めるきっかけとなった本
『狭小邸宅』新庄耕。ブラック企業でも何も成し遂げずに逃げたら負け?と悩んだときに読む本

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
[center] [/center]
目次
閉じる