【お知らせ】9月23日のストレングスファインダーのワークショップは満席になりました。ありがとうございます。 ワークショップ詳細はこちら

働くこと

管理職になりたくなかった私が、課長になって良かったと思う理由

LINEで送る
Pocket

管理職にはなりたくなかった

20代のときは、昇進なんてしたくないと思っていた。
仕事の負荷が増えそうで、億劫だった。
会議も増えて、仕事も増えて、帰宅時間が遅くなりそうだった。
体調の悪そうな管理職が多かった。
私が20代後半を過ごした会社は、残業代がきちんと支給されていたので、残業代の出ない管理職になると年収が下がることも分かっていた。
何より、現場の手を動かす仕事が好きだった。

でも実際に課長になったら、仕事が楽になり、面白くなった。
20代の頃は、管理職の仕事を知らなかっただけだった。
 

管理職になって良かった理由

情報が増える

会社には「管理職限定」という情報が、結構多い。
もちろん「役員限定」「部長まで限定」「課長まで限定」といったようにランク付けされているが、課長であっても、これまでより手にする情報は増える。

管理職限定で公開される情報は、会社が進む方向についてのものが多い。
不確定な段階で全社員に公表すると動揺を生むような情報は、方針が固まり後戻りできない段階まできてから全社員へ公表される。
しかし、管理職には事前に告げられ、会社が進む方向にさりげなく誘導するよう求められる。

自分が何か提案しても上司がモゴモゴと言葉を濁してつぶしてしまうとき、実は、この管理職限定情報に反する提案だったからつぶされた、ということがある。

自分が管理職になって初めて、「ああ、あれはこういうことだったのか」と気づくことがあった。

広告

影響力を持つ(良くも悪くも)

管理職になると、良くも悪くも影響力を手にすることになる。

影響力が良い方向に向かうと、やりがいがある。
例えば、部下を褒める。
上司に認められた部下はますます仕事を頑張るようになり、さらに成長する。

例えば、誰かに新しい提案をする。
それまでは見向きもされなかった提案でも、課長からの提案ということで聞き入れられたりもする。

ただ、影響力は悪い方向にも出やすい。
例えば、自分は冗談で言ったつもりでも、相手はそう受け取らず、深く傷ついたりもする。(特に「そんなこと言うと評価下げるぞ」といった人事関連の冗談は絶対に言ってはいけない)

何も考えずに「こういうことできたらいいね」と言った言葉を、部下は「新しい仕事」と受け止める可能性もあるので、きちんと考えて発言しないと、部下の仕事をいたずらに増やす結果となる。

忘れてはならないのが、この影響力は肩書きが持つもので、自分が持つものではないということだ。
しかし、影響力を適切に使いこなせるようになると、自分自身も少しずつ影響力を持つようになる。
 

チーム作りができる

上記2つは、管理職になって新しく得るものである。
ここからは、管理職になるとできることだ。

一般社員は自分自身が成果をあげることを求められるが、管理職はチームが成果をあげることを求められる。
これは、一人ではできなかったことが、できるようになることを意味する。

自分は苦手だったことを、楽々と出来る人がいるだろう。
それならば、その人に自分が苦手な仕事を渡すといい。そして、その人が苦手とする仕事を他の得意な人に渡し、さらに…と仕事を回して、チームのパフォーマンスをあげていく。
各メンバーそれぞれに得意不得意があるが、それを組み合わせると、チームとして成果を出すことができる。

そして、本人に力を付けつつ、チームにその力を活かす方法を考えた育成をすることは、本人のためにもチームのためにもなる、やりがいのある仕事だ。

チームとしてメンバーに動いてもらうために悩むこともあるだろうが、自分一人では到底あげられなかった成果でも、チームであればあげることができる。
これは、会社という組織で働くことの醍醐味でもある。
 

仕事を変えることができる

管理職になると、仕事に対しての責任が増える。
つまり、自分の責任の範囲内で、仕事を変えることができるようになる。

例えば、チームの作業量を減らしたいと考える。
それならば、あげるべき成果を明確にして、そこに結びつかない仕事を洗い出す。
その中には、誰も必要としておらず、何の成果にも結びつかない、惰性の作業があるはずだ。
それを止めることができるのは、管理職である。

管理職は、周囲に与える影響力を持つので、「こう変えたい」と願って粘り強く動いていると、時間が掛かったとしても少しずつその方向に変わっていく。
自分が願い、力をつけていけば、環境を思う通りに変えていけるポジションなのだ。
 

転職がしやすくなる

これは、番外編だが、管理職の肩書きがあると転職がしやすくなる。

一般社員として何かの作業に従事していたとする。
それと同じ仕事が、他の会社にあるとは限らない。
似たような仕事があったとしても、会社ごとにやり方が違って他社では通用しないかもしれない。
しかし、チームを作って率いる仕事は、どんな会社でも必要となる。

そして、年齢が上がるにつれて、必須条件として求められるようになるスキルでもある。
「35歳平社員」と「35歳管理職」では、転職活動のスタート時点から評価が違うのが現実だ。
年齢が上がるにつれ、この違いは顕著となる。

今いる会社が、3年後にも存在しているか、分からない時代だ。
いざというときに役に立つスキルを、持っていて損はない。
 

管理職に向かない人

ここまで、管理職になるといい理由を挙げてきたが、性格的に管理職に向かない人はいる。
こういう人だ。
・自分の頭で考えず、言われたことだけをしていたい人
・他人に全く興味がない人
・文句ばかり言い、自分で現状を変えるつもりがない人

管理職は、仕事を自分で考え、皆の適性を考えつつ育成をし、現状を変えていくポジションだ。
こういったことに興味がない人は、管理職になっても辛いだけだろう。

逆に、自分の力で仕事をしたい人、誰かのしていることに口を挟みたくなる人、現状を変えたい人は、管理職の仕事に面白さを感じるだろう。
(研究職など、仕事の内容的に管理職にならないほうがスキルを発揮できる人もいるが、ここでは割愛する)
 

せっかくチャンスがあるのなら

管理職になりたくない、そう考える人もいるだろう。
でも、チャンスがきたのなら、一度はやってみたほうがいい。

それまで知らなかったことを知るだろう。
それまでになかった挑戦ができるだろう。
身につくのは、会社という人間社会で生き抜くコツだ。

人間として生まれた以上、人間社会で生きていかざるを得ない。
管理職として得た経験は、会社の中でも外でも活かすことができ、自分を助ける強い力となる。

Facebookページには
更新情報と裏話を書いてます

Twitter で

広告

関連コンテンツ

-働くこと