自分の価値観を持つための3つのステップ


自分の価値観を持たなくてはいけない時代

これまでは、人がある組織に所属したら、ずっとその組織の中で生活するのが当然だった。
ある年齢になったら、近所の学校に入り、卒業までそこにいた。
会社に入社したら、定年までそこにいた。
生まれてから死ぬまで、自分の故郷に住み続ける人もいる。

組織に所属するということは、組織が持つ画一的な価値観を受け入れるということだった。
その地域、その業界における独自の価値観があって、それが人間の尊厳を傷つけるものであっても、守らざるを得なかった。

しかし、今は違う。
学校が辛かったら、行く必要はない。
会社が持つ価値観が合わなければ、仕事を変えればいい。
自分の故郷に馴染めなくても、インターネット上のコミュニティーで仲間を探せばいい。
無理に既存の価値観に自分を押し込めなくても、選択肢は無限にあるのだ。

とはいえ、無限にある選択肢を前にすると迷うのも事実だ。
自分の価値観を知るのはとても難しい。
人がこれまで既存の価値観に自分を当てはめる生活を送ってきたのは、そうしないと生活がスムーズに送れないという理由に加えて、その方が楽だったからという理由もある。
既存の価値観に自分を当てはめることができれば、自分と向き合う必要はない。
自分について深く考える必要もない。
考えなくていいのは、とても楽なことである。

しかし、時代は変わりつつある。
既存の価値観は崩壊し始めた。
人はそれぞれ、自分の価値観を持たなければいけない時代なのだ。

自分の価値観を持つための3つのステップ

自分の価値観を持つための鍵は3つあると考えている。
1.自分に入り込んだ他人の価値観を手放すこと
2.自分は世の中に唯一無二の存在だと自覚すること
3.自分の心を信じて前に進むこと

この3つのステップによって、自分の価値観を手に入れることができると考えている。

1.自分に入り込んだ他人の価値観を手放すこと

毎日、目を覚ますことから眠ることまで、多くのことを行っている。
そこには「やりたいからやっていること」と「やらなければいけないからやっていること」と「惰性でやっていること」の3種類がある。

「やりたいからやっていること」は、自分の価値観から生まれたものだ。
「やらなければいけないからやっていること」は、他人の目を気にしてやっていることだ。
「惰性でやっていること」は、過去の価値観の残骸か、何かから目を背けるためにやっていることだ。

一番厄介なのは、「やらなければいけないからやっていること」である。
これをやらないと、嫌われる。
これをやらないと、怒られる。
これをやらないと、自分の存在価値がなくなる。

これの裏返しで、「やってはいけないから、やらないこと」もある。
これをやったら、嫌われる。
これをやったら、怒られる。
これをやったら、目立って叩かれる。

自分の価値観が「やりたくない!」と叫んでいるのに、他人の目を気にしてやっていること。
自分の価値観が「やりたい!」と叫んでいるのに、他人の目を恐れてやらないこと。
価値観の叫び声を無視したままでは、いつまでも自分の価値観にたどり着くことはできない。

2.自分は世の中に唯一無二の存在だと自覚すること

人は奇妙な生き物だ。
自分と他人をすぐに比べたがる。

自分ができることを他人ができないと、「どうしてこんなに簡単なことができないの?」とイライラする。
自分ができないことを他人ができると、「あの人はできるのに、自分は…。」と落ち込む。
自分ができることを他人もできると、「これは誰でも出来ることで、たいしたことないです」と卑下する。
自分ができないことを他人もできないと、「そうだよね」と安心する。

自分と他人とを比べて、心が穏やかになるのはどちらもできないときだけ、というのは不健全だし発展性もない。
そもそも自分と他人を比べることに意味はないのだ。

自分と他人を比べることに意味がない理由は、人はそれぞれ唯一無二の存在だからだ。
違う人間同士が、自分の一部と他人の一部を切り出して比べても、そこに全く意味はない。

自分は唯一無二の存在だと認めること。
自分の中に醸成されている価値観も、この世において唯一無二の、人によって違うものなのだ。

人それぞれ持っている価値観が違うから、自分の価値観を分かってくれない人もいる。
分かってもらえないからといって、自分の価値観を否定する必要はない。
自分は唯一無二の存在なのだから、全て100%分かってもらえることはないし、分かってもらえないからといって間違っているわけではないのだ。

3.自分の心を信じて前に進むこと

自分の心の叫びを聞いて、自分の価値観を認めることができても、それを胸の奥底に隠し持っているだけでは何も変わらない。
自分の価値観を表に出すことが大切だ。

価値観を言語化できなくても、漠然としたままでいい。
自分の心が求めるものを忠実に追っていくことで、漠然としている価値観が具体的なものになっていく。
漠然とでも自分の価値観を表す行動をすることで、仲間ができる。

小さな一歩の積み重ねによって、自分の価値観が望む方向に進むことができるのだ。

このために、私が学びたいこと

この3つのステップは、私が2018年に深めたいと思っていることである。
1.自分に入り込んだ他人の価値観を手放すこと
2.自分は世の中に唯一無二の存在だと自覚すること
3.自分の心を信じて前に進むこと

ビリーフリセット

「1.自分に入り込んだ他人の価値観を手放すこと」を深めるために、「ビリーフリセット」を学ぼうと考えている。

「ビリーフ」とは、自分の中に入り込んだ他人の目のことである。
この「ビリーフ」は自分の中に根深く住み着いているが、もともとの自分の価値観とは違う、後から入ってきたものなので、取り外すことができる。
その考え方が「ビリーフリセット」だ。

先日、概要を学ぶ講座を受けて、とても感銘を受けたので、2018年は更に深く学ぼうと考えている。

ストレングスファインダー

「2.自分は世の中に唯一無二の存在だと自覚すること」を深めるために、「ストレングスファインダー」を更に学ぼうと考えている。

2017年、ストレングスファインダーのワークショップを3回行った。
自分の強みを知るワークショップという触れ込みで行ったのだが、3回やって感じたのは、自分の強みを知ることは、他人と自分が違うことを知ることである、ということに気がついたのだ。

ストレングスファインダーは、人間の34の資質のうち、自分が強みとする5つを教えてくれるものである。
この5つが一致する人は、なかなかいない。
3つかぶりまでは時々いる。4つになるとほとんどいない。

自分の特性を知るツールとして、エニアグラムだったりSPIだったりといろいろあるが、これらは「私、エニア5でウィング6なの、同じだね!」というように、自分と同じ仲間を見つけることができる。
しかし、ストレングスファインダーは、同じ仲間を見つけることができないのだ。
もし5つかぶっていたとしても、順番は違うだろう。34個全部が同じではないだろう。

ワークショップをやることで、自分と違う強みを持つ人は、違う考え方を持つ、ということが明確になった。
自分と違う言動をする人は、悪気があるわけでも、能力が違うわけでもなく、ただ強みが違うだけなのだ。

ストレングスファインダーを更に学ぶことで、自分が持つ唯一無二さに対する自覚を高めることができると考えている。
2月に、ストレングスファインダーの認定コーチの資格が取れる講座を受ける予定である。

ブリコラージュな生き方

「3.自分の心を信じて前に進むこと」ためには、ブリコラージュな生き方に自信を持つことが大切だと考えた。
というのも、私は、今の自分の生き方を悪くないと思っている。
これは、頭で考えた目標ではなく、自分の心が求めるものに従っていった結果である。

過去には、目標を立てられない自分に落ち込んだりしていたが、私にできるのは、今のこの生き方であると開き直ることができた。

この先は、この生き方を深めていきたいと考えている。

いいね!をいただくと励みになります!
Facebookで更新情報をお届けします

Twitter で