落合楼村上、冬の夕食「初花月の膳」


他の伊豆旅の記事

熱海、うな正で鰻ランチ
落合楼村上へのアクセスは修善寺駅からバス→湯道散歩がオススメ
林芙美子が滞在した藤二の部屋のご紹介
宿泊者が入れる3つのお風呂
館内の楽しみ

夕食

温泉旅館の楽しみは夕食!

夕食は宿泊の部屋と同じ階の違う部屋。
でも大部屋ではなく個室なので、気兼ねなくゆっくり過ごせる。
テーブルと椅子席なので、ご年配の方でも食べやすいだろう。

予約した時間に部屋に入ると既に前菜がセットされていた

料理の数々

テーブルの上には食前酒として静岡の日本酒・磯自慢と前菜盛り合わせ。
黒豆、慈姑かすてら、熨斗鳥、金柑蜜煮、菜花磯辺揚、萵苣唐味噌漬、鰆の南蛮漬け、子持ち昆布パン粉揚げ、小鯛手毬寿司、松笠銀杏、網笠柚子、と手元のメニューには書かれている。
慈姑はクワイ。萵苣はレタス。
なかなか勉強になる。

彩が綺麗

 

席に着くと同時に出た先付けは、蓮根餅湯葉餡掛け。

細切りの人参とゴボウがアクセント

 

Reluxという旅行サイトから申し込んだら、特典としてシャンパンのハーフボトルをプレゼントしてくれた。
きりっとした美味しいシャンパンだった。

200年以上家族経営を貫くメゾンだそう

 

続いて、箱根西麓と名付けられたお椀が登場。
四角いものは人参寄せだそうで、舌触りがとてもいい。

つまみ菜と白あわび茸添え

 

お造りは白身魚。

サワラ、スズキ、ホウボウの三種盛

そして、さすが静岡。わさび登場!
鮫皮でおろしたわさびは全く辛くなく、甘みすら感じる。

宿の方におろしていただける

 

続いて岡村牛のローストと大根の煮物が登場。
肉の味が濃くて美味しい!
掛けられた出汁餡もまた美味しい。

白髪葱が華やかだ

 

飛びかんなの蓋つきお椀で供されたのは、豆乳蟹蒸し。
茶碗蒸しのようだが、口当たりが更にさらりとしている。

椎茸と百合根入り

 

酢物は、芽葱を巻いた河豚を乗せたあん肝だった。
橙のジュレが香りいい。
自分でジュレの量を調整して好きな酢加減で食べられるので嬉しかった。

鉄板の美味しさ

 

焼き物は橙の器に盛られたカマスと軍鶏。
蓋の部分は橙がそのまま残されているので、絞っていただく。
(器の部分は先ほどのジュレになったそうだ)
赤蕪の甘酢漬がいい箸休めになり、美味しくいただいた。

一口大のカマスと軍鶏と蕪

蓋の部分は橙そのまま

 

だいぶお腹いっぱいになったが、最後の白米もいい香りを放っている。
土鍋で炊き上げられているのだ。
海苔の味噌汁と漬物とちりめん山椒が出てきた。
しかし、ここはワサビ!
すりおろしたワサビをご飯に乗せて、醤油を垂らして食べると美味しい!
これだけでご飯が何膳も食べられる勢いだが、すっかりお腹いっぱいだったため、一膳で諦めるしかなかった。


 

最後は水菓子とお茶。
品数が多く、静岡の食材も多くて満足だった。

他の伊豆旅の記事

熱海、うな正で鰻ランチ
落合楼村上へのアクセスは修善寺駅からバス→湯道散歩がオススメ
林芙美子が滞在した藤二の部屋のご紹介
宿泊者が入れる3つのお風呂
館内の楽しみ

個別セッションの最新日程等、
ブログの更新情報をお届けします

Twitter で