『ストレングスファインダー 』とは何か、他の自己発見ツールとの違いは何か


ストレングスファインダーという自分の強みを発見するためのツールがある。
私はこれを自分が前に進むための最強のツールだと考えていて、ついにGallup社認定コーチの資格も取得した。

ストレングスファインダーとは何か

ストレングスファインダーの成り立ち

ストレングスファインダーの始まりは、アメリカのリサーチ会社であるGallup社が、仕事において成果を出している人200万人へインタビューをしたことだった。
インタビューを分析したところ、成果を出している人に共通している思考・行動パターンがあったのだ。
そのパターンを、統計的・論理的にグループ化したところ、34の資質に分類されることが分かった。

興味深いことに、この34の資質は誰もが持つものだった。
成果が出ているかどうかは、それがうまく使えているか使えていないかの差だったのだ。

要するに、自分が34の資質のうちどの資質をうまく使えるかを理解すれば、誰もが成果を出せるようになる。

そこで、自分が得意な資質を発見するために開発されたのが、「ストレングスファインダー」である。

34の資質

34の資質は、例えばこういった名前がついている。
共感性、調和性、活発性、競争性、最上志向、自己確信、学習欲、戦略性、公平性、慎重さ…

ストレングスファインダーのテストを受けると、34資質の中で自分が既に備え持っている上位5つの資質がわかる。(追加料金を払うと、34資質の全ての順位がわかる)

34の資質は、どれもが成果を出している人の行動パターンから割り出されたものだ。
全てが成果に結びつく資質である。
この資質が良くて、この資質が悪い、というものではない。

才能×投資=強み

実は、資質は分かっただけでは成果に結びつかない。
資質はただのツールにしかすぎないのだ。
このツールを自分にフィットするように磨き上げ、使い方を学ぶことで、成果を出すための強みとなる。

このことを、Gallup社はこの式で表している。

才能×投資=強み

才能とは、自然に行う思考・感情・行動のパターンのことで、これを分類したものが資質である。
投資とは、才能を活かすために必要な知識やスキルの習得である。
強みとは、成果を一貫して生み出す能力のことである。

自分の才能を理解し、適切な投資をすれば、誰もが強みを持ち、成果を出すことができるのだ。

他の自己発見ツールとの違い

世の中には、動物占いといったライトなものから、エニアグラム、MBTIといった本格的なものまで様々な自己発見ツールがある。
それぞれに特徴があるが、ストレングスファインダーにはそれらと一線を画す、大きな特徴がある。
それは、同じ結果を持つ人がほとんどいないということだ。

動物占いなら12もしくは60種類、エニアグラムなら9つのタイプ、MBTIだったら16タイプというように、人をあるタイプに当てはめていくのが多くの自己発見ツールである。

しかし、ストレングスファインダーの場合は違う。
34の強みのうち、5個が順位まで完全に一致する確率は約3340万分の1。
順位を考えず、5個が一致する確率は約28万分の1。
この確率の低さでは、5個の資質が一致する人にはなかなか出会えない。
34個の順位と考えると、気の遠くなるほどの確率だろう。

つまり、ストレングスファインダーで分かるのは、その人の資質はその人固有のものだということなのだ。
世の中に、一人として同じ人はいないのだ。

自分は自分。他人は他人。
得意なものが違ければ、苦手なものも違う。
考え方も違ければ、行動も違う。

これが当たり前のことだと目に見えて分かるのが、ストレングスファインダーの一番の特徴である。

ストレングスファインダーのテストの受け方

自分の資質を知るためには、ストレングスファインダーのテストを受ける必要がある。

テストを受けるために必要なものは2つ。
・アクセスコード
・ネット環境(PCかスマホ)

アクセスコードの入手の仕方

アクセスコードの入手は主に3種類ある。

1.本を購入する

下記の本を購入すると、1冊につき1回分のアクセスコードがついている。

注意
流通している中古本のほとんどはアクセスコードが使用済みのため、テストを受けるために購入する場合は新品を購入すること!

Gallup社のサイトから購入する

本を既に持っていたり、すぐにテストを受けたい場合は、ストレングスファインダー公式サイトからもアクセスコードを購入することができる。
Gallup社のストレングスファインダー公式サイトにアクセスし、右上の「製品の購入」ボタンからアクセスコードが購入できる。

ストレングスファインダー公式サイトはこちら

アプリを使う

スマホからテストを受けたい場合は、「CliftonStrength」というアプリを利用すると、受けることができる。

テストの受け方

アクセスコードを入手したら、下記の公式サイトからテストを受ける。
「アクセスコード」をクリックして、指示通りに進めていく。

質問は選択式で自由回答はないが、質問数が約180個と多いため、40分〜1時間程度の時間を見積もっていた方がいいだろう。

まとめ
ストレングスファインダーとは…
・自分自身が持つ、成果を出すためのの行動パターンを知るツール
・自分自身の強みは自分だけのものということが分かるツール
※ただし、自分の資質を強みにするためには磨く必要がある

個別セッションの最新日程等、
ブログの更新情報をお届けします

Twitter で