ホテリ・アアルト303号室 天井の高い開放感あるお部屋の様子


ホテリ・アアルトへ

上野駅で駅弁を買い、向かった先は福島県。

郡山までこれに乗り、

郡山から磐越西線に乗って猪苗代駅下車

猪苗代駅にはホテルからお迎えのバスで、目的地に向かう。

今回の目的地であるホテリ・アアルトは夫婦でお気に入りのホテルで、年に一回、季節を変えて訪れている。

いつものごとく、ロビーでりんごジュースを飲みながらチェックインの手続きをし、部屋に向かう。

303号室

こちらのホテルの特徴は、予約する際に部屋を指定できることだ。
一室一室特色があるので、予約前の部屋選びから楽しみが始まる。

今回は303号室を選んだ。
予約が遅かったせいで、2階の部屋が埋まってしまっており、初めての3階である。
(下世話な話だが、2階の方が宿泊料が少し安い)

部屋の様子

部屋に入って、まずは大きな窓が目を引く。
実は窓の下は駐車場なので、窓際に立つと眺めは普通のだが、室内から窓を眺めると、山と木々しか見えなくて、とても雄大な気持ちになれる。

両脇の格子の部分は窓を開けられるので、清々しい空気を室内に取り入れることが可能

 

ベッドからも窓は見えて、気持ちがいい。

寝転びながら見る景色もいい

 

そして、天井が高い!

冬は暖房が効くのか心配になるほど高い天井。でもきっと大丈夫

 

部屋の隅にはくつろぎスペースもある。

座ってもよし、寝転んでもよし

 

一段上がって、和室スペースもある。

畳もまた気持ちがいい

 

和室の片隅には書斎スペースがある。

左の引き出しの中には延長コードが入っている

備品等

部屋には簡単な給湯スペースがある。

水道とコーヒーマシーンと湯沸かしケトルとグラスとコップがある

冷蔵庫の中身はこれ。全て無料で飲める。
この桃ジュース「福島 桃の恵み」はとてもとても美味しいので、いつも必ず忘れずに飲むようにしている。

桃ジュースと炭酸水は地元のもの

 

温かい飲み物はこのラインアップ。
コーヒー以外の飲み物もコーヒーマシーンを使って入れるタイプである。
ハーブティーのティーバッグでいいので、ノーカフェインの飲み物もあるといいのになあ。

この品揃えで湯沸かしケトルは何に使うのだろ?

 

お菓子が置いてあった!

オレンジサブレとココナツパインクッキー

マカロン

バス・トイレ

303号室はシャワーとトイレは完全に別の場所にある。
浴槽はなく、シャワーのみだ。

シャンプー・コンディショナー・ボディソープ備え付け

 

脱衣所にはタオルウォーマー。

冬に嬉しい設備

基礎化粧品はシュウウエムラに変わっていた。

ノーマルタイプのクレンジングに、化粧水と乳液はツヤシリーズ

 

歯ブラシ、コットン、体洗い用タオル、髭剃り、ブラシといったアメニティも揃っている。

欲しいものは揃っている

 

トイレはごくごく普通の清潔なトイレ。

トイレは清潔であればそれでいい

お気に入り

ホテリ・アアルトが好きな理由はたくさんあるが、一番の理由は、この床だ。

 

木の無垢板が気持ちいい。
室内ばき用スリッパ(使い捨て)が用意されているが、素足で床を歩くのが気持ちよすぎて、一度も使ったことがない。

部屋の中にいて木の感触を楽しんでいるだけで、あっという間に時間が過ぎる。
この宿は、「何もしない」をするには、うってつけの場所なのだ。

アアルトの他の部屋

2018年秋の旅

ホテリ・アアルト303号室 天井の高い開放感あるお部屋の様子
ホテリ・アアルト 夕飯までの過ごし方
ホテリ・アアルトの夕食 会津の秋のお福分け
ホテリ・アアルトの夜食と朝食

※ホテリ・アアルト全景:予約サイト(reluxさん)から画像をお借りしています。(クリックするとreluxのサイトに飛びます)

個別セッションの最新日程等、
ブログの更新情報をお届けします

Twitter で