MENU
しずかみちこ
Gallup認定ストレングスコーチ
ストレングスファインダー(クリフトンストレングス)の専門家として、個人やチームが「強み」を活かして最大の成果を生み出すためのコーチングと研修をしています。

リクルートスタッフィングで経理したり、レアジョブの管理部門立ち上げたり、ブラック企業に入ったり、上司の横領見つけて辞めさせられたり、人の会社2つ作ったりと波乱万丈な職歴の後、独立して今に至ります。

投資と経理スキルでお金をデザインし、ストレングスファインダーで強みを活かしたら、人生が楽しくなりました。

趣味は野球観戦と美味しいものを食べること

収集心・最上志向・戦略性・未来志向・分析思考
ストレングスファインダーのnote

ストレングスファインダーの個別セッション、受付中です 詳しくはこちら

プラハの高速エスカレーターに怯むところから旅は始まった。プラハ・ブルノ・ウィーン旅-1

旅の全容はこちら→プラハ・ブルノ・ウィーン旅目次
 

プラハに到着。
早めの夏休みを利用した旅行に来ている。

プラハ空港から街中へは路線バスと地下鉄で移動した。
バスのチケットは空港のインフォメーションで買うことができる。

空港から地下鉄A線の駅へ行く119番のバス

バスが着く地下鉄A線の始発駅Nemocnice Motol駅から、ホテルの最寄駅となるJiřího z Poděbradへ移動。
Jiřího z Poděbradから地上に出ようとして驚いた。

まず、先が見えないほどの長いエスカレーターに度肝を抜かれ…

乗ろうとして、そのスピードの速さぶりにさらに驚いた!
このスピードのエスカレーターに乗るのは、正直、怖い。

後日、チェコ在住の方に聞いた話によると、このエレベーターは、チェコの現在の建築基準法的なものに違反しているらしい。
なので古い駅の古いエレベーターがこのスピードであり、新しく作りかえたものは日本人にも安心の速さだそうだ。
そう聞くと、この高速エレベーターも、消えゆく運命にある貴重な観光名所に思えてくる。

さて、ホテルに着いたのは夕方。
少し休憩した後、旧市街を軽く見て回り、ビールとチェコ料理を堪能して、旅の1日目は終了した。

目次

プラハ編全記事

  1. プラハの高速エスカレーターに怯むところから旅は始まった
  2. Lokal チェコ料理を気軽に楽しめる地元民にも人気のプラハのお店
  3. 共産主義博物館で共産主義時代の生活を垣間見る
  4. プラハ市交通博物館でトラムだけではなくソ連についても思いを馳せる
  5. プラハ城にも行ってきた
  6. チェコのスーパーは素朴でかわいい商品が多数。ソーセージの種類にびっくり!
  7. プラハからブルノへ。ブルノ本駅は工事中
     

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
[center] [/center]
目次
閉じる