旅行記

プラハの高速エスカレーターに怯むところから旅は始まった。プラハ・ブルノ・ウィーン旅-1

2017/07/19

LINEで送る
Pocket

プラハに到着。
早めの夏休みを利用した旅行に来ている。

プラハ空港から街中へは路線バスと地下鉄で移動した。
バスのチケットは空港のインフォメーションで買うことができる。

空港から地下鉄A線の駅へ行く119番のバス

バスが着く地下鉄A線の始発駅Nemocnice Motol駅から、ホテルの最寄駅となるJiřího z Poděbradへ移動。
Jiřího z Poděbradから地上に出ようとして驚いた。

まず、先が見えないほどの長いエスカレーターに度肝を抜かれ…

乗ろうとして、そのスピードの速さぶりにさらに驚いた!
このスピードのエスカレーターに乗るのは、正直、怖い。

後日、チェコ在住の方に聞いた話によると、このエレベーターは、チェコの現在の建築基準法的なものに違反しているらしい。
なので古い駅の古いエレベーターがこのスピードであり、新しく作りかえたものは日本人にも安心の速さだそうだ。
そう聞くと、この高速エレベーターも、消えゆく運命にある貴重な観光名所に思えてくる。

広告

さて、ホテルに着いたのは夕方。
少し休憩した後、旧市街を軽く見て回り、ビールとチェコ料理を堪能して、旅の1日目は終了した。

広告

関連コンテンツ

-旅行記
-