その他海外 旅行記 美味しいお店

ワシントン名物クラブケーキをユニオン駅で食す アメリカ旅行記2016 vol.2

2016/11/09

LINEで送る
Pocket

今回の旅の最初の街であるワシントンの名物は、蟹の身をほぐしてハンバーグにしたクラブケーキと聞いて、どうしても食べておきたかった。
ワシントンには一泊のみの予定なので、食べるなら到着直後の夜ご飯しかない。
食欲はあるが、長距離移動の疲れがあり、遠出をする気力はなかった。
ホテルの近くのユニオン駅でクラブケーキを食べられるお店を探すことにする。

ユニオン駅内には多くの飲食店があるが、クラブケーキを置いているのは1件しか見つけられなかった。(2016年9月現在)
迷う余地なくそのお店、Thunder Grillに入った。

お店

Thunder Grill

Thunder Grillはメキシコ料理店で、ファストフード店ばかりのユニオン駅内にしては珍しく、自分の席で注文をするお店だ。
店員さんが何度も席まで様子を見に来るが、英語のメニューであることに加え、量の予想が付かないため、いつも以上に吟味に時間がかかってしまう。
店員さんに皿の大きさを確認しつつ、サラダとクラブケーキともう一品とることに決めた。

料理たち

まずはビール。せっかくなのでワシントンDCで作られているものを選んだ。
%e3%83%92%e3%82%99%e3%83%bc%e3%83%ab

手前は DC Blau Public Pale Ale。
これはビール嫌いの私が飲み干せるほど苦味が少なく、芳ばしい香りが良く、とても美味しかった。
そしてもう一つが Thunder Ale。
こちらはかなり独特の味だった。苦味や酸味や香りなどのビールを構成している要素が、全て必要以上に突出して感じられ、雷という名前のとおり刺激的な味だった。
苦手な人はとことん苦手で、好きな人は止められなくなる味なのだと思う。

次にハウスサラダが登場。
ドレッシングに使われているスパイスがビリッとした隠し味が効いていて、しゃっきりとする味。
サラダ

そして目的のクラブケーキが登場。
最初は見た目では蟹とは分からないが、割ると蟹のほぐし身でできているのが分かる。
しっかり焼かれた外側と、ふわっとした中身の食感の違いが楽しかった。
クラブケーキ

クラブケーキ中身

これはFajita(ファヒータ)。
旅先で見慣れないものがあると、ついつい頼んでしまう。
ファヒータとは、肉と玉葱とピーマンを炒めたものをトルティーヤに包んで食べる料理らしいのだが、それを知ったのはホテルに戻ってきてからのこと。
マッシュルームのファヒータを頼んだので、肉ではなくマッシュルームのソテーだったのだが、これが今までの人生で一番美味しいマッシュルームと断言できるほど美味しかった。
肉厚でジューシーで香りもよく、焼くだけでここまで美味しくなるとは、どんなマッシュルームなのだろう。
マッシュルーム

ファヒータ

まとめ

ワシントンDC最大の鉄道駅のユニオン駅の構内という立地の良さ、短パン+サンダルの男性でも入店OKのカジュアルさ、店員さんのフレンドリーさと、気軽に使える要素が満載のお店。
値段は、上記の全てにチップ20%を含めて60ドルを少し超えたくらいで、ビールも食べものも大きめのサイズなので割高感はない。
気合を入れた食事には向かないが、旅の途中にさっくり寄るお店として覚えておきたいお店だった。

お店情報

Thunder Grill
50 Massachusetts Ave NE, Union Station, Washington DC, DC 20002-4214
(ユニオン駅1階、メインホール)
営業時間 日〜土 11:30〜22:00
ドレスコード 無し

広告

関連コンテンツ

-その他海外, 旅行記, 美味しいお店
-,