【11月満席】12月の個別セッションは11/25受付開始です

ニューアークからテキサスに移動 アメリカ旅行記2016 vol.6


明日は早朝から日本へ移動するため、実質この日が最終日。
朝5時に起きて、テキサスに移動する。

この旅はマイルを使っての特典旅行のため、ニューアークからテキサスへの飛行機が取れず、いったんワシントンまで行かなくてはいけない。
そのためにホテルの最寄り駅を朝6:05にでるPATHトレインに乗る必要がある。
早朝のPATHトレインは本数が少ないため、乗り遅れたら大変だ。
先日の寝坊に伴うドタバタの記憶があるため、目覚ましを早めに2つかけた。
今回は無事に早く目が覚めて、ホテルを予定より10分以上早く出ることにする。

朝6時前なのに、ワールドトレードセンター行きのPATHトレインはたくさんの人が待っていた。
PATH待ち

ここで驚くことが起こる。
我々が乗る予定の6:05の電車が、なんと6:01に到着し、時間調整で停車するかと思いきや、そのまま6:01に出発したのだ。
日本ほど電車の時刻が正確な国はないと知ってはいたが、まさか時刻表より早く発車するとは想定していなかった!
時間ギリギリに駅に着いていたら、電車が遅延していると思って、延々と電車を待ち続けていただろう。恐ろしい。

PATHトレインでニューアークに着き、アムトラックでワシントンに行き、地下鉄とバスを乗り継ぎ空港まで行く。
時間がないので、空港のダンキンドーナツでサンドイッチとドーナツを買い、朝食兼昼食とする。
ダンキンドーナツ

3時間ほどのフライトでダラス国際空港だ。

空港を出た瞬間にむわっとした暑さに襲われた。
最高気温が36度と天気予報で見ても、寒くて長袖必携のニューヨークにいるときはピンときていなかったのだが、テキサスは本当に暑かったのだ。

空港からアーリントンのホテルへは、ホテルのバスで移動する。
テキサスは公共交通機関が発達していないため、多くのホテルがこの方式を取っているのだ。
空港に到着したらホテルに電話をすると、迎えのバスが来てくれる。

ホテルで荷物を下ろすと、今回の旅のメインイベントの始まりだ。
テキサス・レンジャーズ対ロスアンゼルス・エンジェルズの野球の試合を観戦しに行く。
目指すはレンジャースの本拠地、GLOBE LIFE PARK球場だ。

ホテルから球場へはトロリーバスが出ている。
このトロリーバスは、アーリントン内のいくつかのホテルを回り、野球目当ての観客を球場まで運んでくれるありがたいものだ。
ホテルのフロントに声をかけると、トロリーバスに乗るためのカードをくれる。
今回宿泊した、アーリントンのウィンゲートホテルは赤いカードだった。
トロリーバスには4路線あり、それぞれ赤、青、黄、緑と色で区別されているので、この色を把握しておかないと帰れなくなる。
トロリーバスパス

赤い路線(Red Line)だから赤い車体なのではなく、青も緑も黄色も車体は赤なことに注意!
トロリーバス

バス内は、わざわざテキサスまで野球観戦に来た酔狂な旅行者でいっぱいのため、妙にテンションが高い。
トロリーバス車内

そして球場でたっぷり夢のような時間を過ごして、ホテルに戻り、一日が終わった。
レンジャース球場内

レンジャース球場外観

夢のような時間の詳細記事はこちら

アメリカ旅行記一覧

vol.1 ダレス国際空港からワシントンDCへの移動
vol.2 サンダーグリル ワシントン名物クラブケーキをユニオン駅で食す
vol.3 PRET A MANGE ワシントンでの朝食と観光地散歩とフィラデルフィアへの移動
vol.4 フィラデルフィアからニューアークへ移動
vol.5 ブルックリンとマンハッタン、NYの2つの街を散歩
vol.6 ニューアークからテキサスに移動
vol.7 最終日、テキサスからサンフランシスコ経由で帰国
vol.8 Good Stuff Eatery オバマ夫妻がお気に入りのハンバーガー店を訪問
vol.9 イチローはフィラデルフィアでも愛されていた
vol.10 シチズンズバンクパーク、フィリーズの本拠地の楽しみ方
vol.11 アメフトを本場アメリカで見る方法 メットライフ・スタジアム
vol.12 アメリカのお袋の味 トムズレストランのパンケーキ
vol.13 ハッピーアワー!グランド・セントラル・オイスターバーでお得に牡蠣を食べる
vol.14 元メジャーリーガーに会いにテキサスへ 阪急の助っ人バンプ・ウィルス
vol.15 レンジャーズの本拠地、グローブライフ・パークの紹介

この記事が参考になったら
いいねやシェアいただけると嬉しいです

Twitter で