【11月満席】12月の個別セッションは11/25受付開始です

シチズンズバンクパーク、フィリーズの本拠地の楽しみ方 アメリカ旅行記2016 vol.10


フィラデルフィア・フィリーズは2008年に井口資仁と田口壮が在籍して以来、2016年現在日本人選手の在籍はないため、馴染みが薄い球団かもしれない。
しかしフィリーズの本拠地であるシチズンズ・バンク・パークは、非常に交通の便がいい行きやすい球場だったのでご紹介。
球場全景

シチズンズ・バンク・パークで楽しく過ごすコツ

シチズンバンクパークで野球を見るための準備をご紹介。

チケットの買い方

フィリーズに限らずメジャーリーグの試合のチケットは、とても手に入りやすい。
1994年〜1995年にかけて938試合が中止になった大規模ストライキ以降、売り切れることはほぼ無くなっている。
開幕戦や優勝が決定する試合、もしくは有名選手の引退試合などで無ければ、当日、球場で買うことができるだろう。

シチズンズ・バンク・パークの場合、一塁側の入口にチケットボックスがあり、そこで当日券を買うことができる。
窓口に値段が表示された球場の座席表が提示されているので、「三塁側の70ドルの席、大人2枚」(英語に自信がなくても、「70dollar, 3rd base, 2 adults」と単語を並べれば、観光客慣れしている窓口のスタッフは分かってくれるはず)と言えば大丈夫。
もちろんクレジットカードが使える。

一番安い外野席が20$。
我々が購入した一階の内野指定席は70$だった。
(ちなみに、この試合はイチローが目的だったので、奮発してこの席にした。
三塁側の内野指定席だと、ライトで守るイチローが目の前で見られ、バッターボックスも近い。
しかもこの球場はビジターが三塁側ベンチを使うので、イニング交代の時、イチローがライトからこちらに向かって走ってきてくれるのだ。
ベンチに戻ってくるだけと分かっていても、真正面から私の方にまっすぐ走ってくるイチローをみると、少しときめく)

フィリーズチケット

スタジアムに持ち込める荷物について

アメリカでは場内に持ち込める荷物の制限が厳しいところが多い。
このシチズンズ・バンク・パークでは、40cm×40cm×20cmを超える大きさのカバンは持ち込めない。
飲食物もNGなので、要注意だ。

球場への行き方

この球場のアクセスの良さは抜群だ。
フィラデルフィア中心部から、SEPTAと呼ばれる地下鉄に乗る。
オレンジラインの終点であるAT&T駅が最寄駅だ。
例えばダウンタウンのCityHall駅からは10分程度で到着する。
AT&T駅を出ると、球場がすぐに見える。
一本道でもあるし迷うことはないだろう。
徒歩5分程度だ。

難しく考えなくても、試合がある日ならば、試合開始の1〜2時間前には、フィラデルフィアの主要駅である30rdSt.駅やCityHall駅には、フィリーズのTシャツを着て帽子をかぶった人が大量に出現するので、その後を付いていけば問題なくたどり着く。

球場飯

ご飯編

野球がナイターの場合、試合時間が夕食の時間とかぶるので、ご飯をどうしようかと悩むかもしれない。
しかしせっかく球場に行くなら、球場内で食料を調達することをおすすめする。

ここシチズンズ・バンク・パークのおすすめは、フィラデルフィア名物チーズステーキだ。
チーズステーキとは、炒めた薄切り肉にとろけたチーズをからめて、パンにはさんだものである。

球場内の売店では、ビーフチーズステーキとチキンチーズステーキの2種類があった。
夫とそれぞれ一つずつ食べたが、溶けたチーズがボリュームあり、一個でそこそこ満腹感がある。
お店

ビーフチーズステーキ

チキンチーズステーキ

おやつ編

球場内はおやつも充実している。
綿菓子売り
綿あめ

キャラメルポップコーン。隣の500mmペットボトルと比較して、大きさを想像してほしい。
ポップコーン大きい

ソフトクリームはカップかコーンかヘルメットが選べて、ヘルメットを選んだ。
お願いするとサービスでかけてくれる、トッピングのレインボースプレーが、アイスクリームで冷えていい歯ごたえとなり、アクセントになって美味しかった。
アイス

なお、ビールは売店でも売っているし、座席にも売りに来る。
売店ではクレジットカードが使えるので、手持ちの現金が少ないときは売店での購入がおすすめ。

球場の特徴

シチズンズ・バンク・パークの特徴をいくつかあげてみる。

ブルペンが階段構造

フィリーズのプルペン、ビジターチームのブルペン、客席が3段の階段のような構造になっている。
遠くから見ると三階建てのように見える。
ブルペン遠景

近づいて見ると、一番上が客席、真ん中がビジターチーム、一番下がフィリーズのブルペンなのがわかる。
ブルペン

一番上の客席から見てみると、真下にビジターチームのブルペンがあり、その向こうにフィリーズのブルペンがあるのがわかる。
ブルペン上から

ホームランの鐘

フィリーズにホームランが出ると、この鐘が光り輝き、鐘の音が場内に響き渡る。
鐘

フィリー・ファナティック

広島カープのマスコット、スライリーの色違いとついつい思ってしまうが、登場は彼のほうが先で1978年生まれ。
試合途中でTシャツ(たぶん)をバズーカで客席に投げ込んでいた。
バズーカ

運が良ければ、入場者プレゼント

フィリーズに限らずであるが、メジャーリーグの試合では、入場者プレゼントがしばしば行われる。
この日は全員にTシャツをプレゼントしてくれた。
サイズはアメリカのXLサイズであり、冷静に考えると始末に困るのであるが、もらった瞬間はとても嬉しい。
Tシャツ

おまけ

入場時にもらったチラシに一言、「Dear Phillies Phan」。
ファンは英語では「fan」と綴るが、フィリーズ(Phillies)のファンなので、Phanと綴られている。
こういう遊び心って楽しい!
フィリーズファン

アメリカ旅行記一覧

vol.1 ダレス国際空港からワシントンDCへの移動
vol.2 サンダーグリル ワシントン名物クラブケーキをユニオン駅で食す
vol.3 PRET A MANGE ワシントンでの朝食と観光地散歩とフィラデルフィアへの移動
vol.4 フィラデルフィアからニューアークへ移動
vol.5 ブルックリンとマンハッタン、NYの2つの街を散歩
vol.6 ニューアークからテキサスに移動
vol.7 最終日、テキサスからサンフランシスコ経由で帰国
vol.8 Good Stuff Eatery オバマ夫妻がお気に入りのハンバーガー店を訪問
vol.9 イチローはフィラデルフィアでも愛されていた
vol.10 シチズンズバンクパーク、フィリーズの本拠地の楽しみ方
vol.11 アメフトを本場アメリカで見る方法 メットライフ・スタジアム
vol.12 アメリカのお袋の味 トムズレストランのパンケーキ
vol.13 ハッピーアワー!グランド・セントラル・オイスターバーでお得に牡蠣を食べる
vol.14 元メジャーリーガーに会いにテキサスへ 阪急の助っ人バンプ・ウィルス
vol.15 レンジャーズの本拠地、グローブライフ・パークの紹介

この記事が参考になったら
いいねやシェアいただけると嬉しいです

Twitter で