旅行記

メットライフ・スタジアムでアメフトを見る方法 アメリカ旅行記2016 vol.11

LINEで送る
Pocket

アメリカンフットボールはわりと好きで、社会人リーグであるXリーグの試合を年に数回見に行っている。
しかし本場アメリカでNFLは見たことがなかった。
今回、ニューヨーク・ジャイアンツvsニューオリンズ・セインツのチケットが取れたので、大喜びで行ってきた。
メットライフ・スタジアム

チケットの買い方

今回、チケットの購入に利用したのは「ticketmaster」というサイトだ。
このサイトは、正規のチケット販売のほか、NFL公認で、チケットの転売もしている。
不要になったチケットを持っている人が、ticketmaster上でそのチケットを販売できるのだ。

クレジットカード決済で、バーコード付きのチケットをWEBから印刷して会場に持参する仕組みなので、お金のやり取りやチケット受取のトラブルを心配すること無くチケットが購入できる。

今回、$95でチケットを購入したが、正規料金では$120の席だった。
高い席では1席10万円するとも言われているNFLのチケットが、正規料金よりも安く手に入ることに驚いた。

これが印刷したチケット。白で隠した部分には私の名前が印字されている。
NFLチケット

スタジアムに持ち込める荷物について

アメリカでは場内に持ち込める荷物の制限が厳しいところが多い。
このメットライフ・スタジアムでは、30cm×15cm×30cmを超える大きさのカバンは持ち込めない。
飲食物もNGなので、要注意だ。

スタジアムへの行き方

NFLの開催日には、スタジアムの目の前まで臨時列車が走るので、それに乗るのが一番楽で確実にスタジアムに着く。
NYからならば、NewYorkPenn駅からNJT RAIL(ニュージャージー・トランジット)に乗る。
利用客が多いからだろう、自動販売機には「Meadowlands and Other Promotions」と最初から目的地が表示されているので、そのボタンを押せば切符が買える。(往復で$10.5。帰りの駅で切符を買うのは大混雑で難しいので、往復を買うことをお薦めする)

目的地まで乗り換えがある。
まずはNewYorkPenn駅からSecaucus Junction駅まで行く。
ここから臨時列車に乗り、目的地のMeadowlands Station駅に行く。
NewYorkPenn駅から30分程度。

試合のある日はNewYorkPenn駅にアメフトのジャージを着た人たちがたくさんいるので付いていけばいい。

dsc_2631

試合終了後も、同じ場所から列車が出る。
ものすごく長い列に並ぶことをあらかじめ覚悟しておくこと。

スタジアム飯

本場アメリカのフットボールの試合は、観戦中に飲食ができる雰囲気なのか分からなかったため、事前にご飯を食べてから出掛けてしまったが、周囲のファンは飲食しながら観戦をしていた。(持ち込みは不可)

ピザやフライドポテトといった軽食を販売している売店。
売店

ビールを売っている売店もあった。

私が購入したのは、こちらの高さ30cmはあるフローズン・マルガリータ($17)。
見た目にインパクトがあるため、持っていると多くの人から「それは何だ?」と話しかけられる。
色使いの可愛らしさと、スタジアムで販売しているものということで、アルコールは弱いだろうとタカをくくっていたら、ちゃんとしたマルガリータで、この量を飲んだら結構酔っ払ってしまった。
フローズンマルガリータ

スタジアムについて

今回購入した席は、82000人収容できるスタジアムの一番上から2列目の席という、場所的にいい席とはいえない席である。
今までテレビでNFLの試合を見ている時、(こんな上の方で見て楽しいのかな?選手がゴマ粒にしか見えないのでは?)と思っていた席でもある。

しかし実際座ってみたところ、選手はこの写真くらいの大きさには見えた。
試合開始

ボールの動きもはっきりと分かり、むしろフィールド近くで見るよりも陣形がひと目で見渡せるため、見ていて楽しい。

細かいプレーについては、大きなスクリーンでリプレイが流されるので、それにも助けられた。
スクリーンではプレイ以外にも、「静かに!」や「うるさく!」と応援の指示も表示される。
スクリーン

おまけ

試合もさることながら、スタジアムの熱気が凄まじかった。
なんせ82000人ものファンが詰めかけているのだ。
特に上の方の席にいたからであろうか、守備時の3rdダウンノイズの地から湧き上がってくるような迫力には鳥肌がたったほどだ。

日本最大のスタジアムは日産スタジアムで、収容人数は約72000人だ。
それよりも10000人も多い人間が集まって、同じゲームを見て、一喜一憂する。
この雰囲気に身を置けたことも、とてもいい経験となった。

広告

関連コンテンツ

-旅行記
-