MENU
しずかみちこ
Gallup認定ストレングスコーチ
ストレングスファインダー(クリフトンストレングス)の専門家として、個人やチームが「強み」を活かして最大の成果を生み出すためのコーチングと研修をしています。

リクルートスタッフィングで経理したり、レアジョブの管理部門立ち上げたり、ブラック企業に入ったり、上司の横領見つけて辞めさせられたり、人の会社2つ作ったりと波乱万丈な職歴の後、独立して今に至ります。

投資と経理スキルでお金をデザインし、ストレングスファインダーで強みを活かしたら、人生が楽しくなりました。

趣味は野球観戦と美味しいものを食べること

収集心・最上志向・戦略性・未来志向・分析思考
ストレングスファインダーのnote

ストレングスファインダーの個別セッション、受付中です 詳しくはこちら

ブルノ郵便局のエレベーターは、扉なし・停止なしの危険な乗り物 プラハ・ブルノ・ウィーン旅-9

旅の全容はこちら→プラハ・ブルノ・ウィーン旅目次
 

目次

ブルノ郵便局のエレベーター

ブルノの郵便局に古いエレベーターが残っていると聞いたので見に行った。

このエレベーターが日本でよく見るタイプのエレベーターと違う点は2つある。
・扉がない
・止まらない

この説明では分かりにくいと思うが、動画を見ると、その通りであることが分かるはずだ。

皆、普通にひょいひょい乗っているが、実際乗ってみると結構怖い。
乗った後もきちんと体を奥に入れないと、カバンや腕が挟まってしまうのではないかと気が気ではない。

降りるときは、ひょいと降りる。
これもまた怖い。
写真の私、完全に腰が引けている。。

このエレベーター、一番上に行くと、そのまま横にスライドする仕組みになっているので、乗ったままでも潰されることはないそうだ。
とはいえ、これもプラハの高速エレベーターと同じで、現在の法律では認められていない。
体験したければ、壊れる前にぜひ!

 
 

ブルノ編全記事

  1. ブルノにて伝説のドラゴンの剥製を見る
  2. ブルノの聖ヤコブ教会で方向性は逆だが期待以上の体験をする
  3. ブルノの地下納骨堂で日本では決して見られない光景に出会う
  4. ブルノ郵便局のエレベーターは、扉なし・停止なしの危険な乗り物
  5. ブルノの野球場での出会い
  6. チェコ野球観戦ガイド ドラッシ・ブルノ観戦記
  7. グランドホテルブルノに泊まって良かった4つの理由
  8. プラハ→ブルノ→ウィーンの鉄道
     

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
[center] [/center]
目次
閉じる