旅行記

シェーンブルン宮殿の景色に圧倒された旅の6日目 プラハ・ブルノ・ウィーン旅

LINEで送る
Pocket

旅の6日目。
体調が元どおりになってきた。
 

朝ご飯は自炊

朝ごはんにスーパーで買っておいた見慣れぬキノコをバター炒めにして食べる。
アンズ茸というらしい。
強い香りではないが、とてもいい香りがして美味しい。
ポルチーニのような使い方ができそう。


 

昼ごはんはカフェへ

昼ごはんは2日連続カフェ・オーバーラーへ。
もちろんケーキも食べる。


広告

観光開始

シェーンブルン宮殿

この日は午後からシェーンブルン宮殿へ。

真っ青な空の下、ウィーンの街が一望できる圧巻の眺め!
生きててよかった、と思いつつ、日々この景色を目にして暮らしていたら、人格形成にも影響がありそうだと考える。
それくらい圧倒された。

宮殿の内部も素晴らしかったが、写真撮影はNGなので、外見の写真のみ。


 

ウィーン・モーツァルト・オーケストラ

宮殿は建物も庭もかなり広く、3時間ほど歩き詰めになったので、いったんホテルに戻って休憩をした。
夜は、せっかくウィーンにきたのだから、音楽でも聞いてみようかということになる。

オーケストラといったものには、夫婦揃って縁がない。
しかし、ウィーンでは、そういう観光客でもコンサートの雰囲気を味わえるように観光客向けコンサートが用意されているのだ。
その中でもモーツアルトのコスプレで演奏することで有名なウィーン・モーツァルト・オーケストラが、たまたま今週は国立オペラ座でやるということなので行ってきた。

楽しかった!

本番前の事前準備の様子

広告

関連コンテンツ

-旅行記
-