11月の個別セッション受付中です

餃子がポーランド名物!?ワルシャワ旧市街そばのピエロギ専門店Gosciniecへ。


ポーランドに着いた。

到着は夕方。
疲れているが、ワルシャワには2泊しかしないので、街に出る。

旧市街を一通り見た後、夕飯を食べることにした。

日本からポーランドまでと長時間かけて移動したので、もうあまり歩きたくない。
旧市街から最寄りのトラムの駅までの間に何軒かお店があるので、そこで食べることにした。

Gosciniec

通りすがりに見かけたお店の看板にある餃子のような写真に興味が湧いた。
疲れているから重いものを食べたくない気持ちもあり、水餃子はちょうど良さそうだ。

この餃子らしきものはピエロギというポーランドの名物だそうだ。

お店は沢山の人で賑わっている。
入ることにした。

ピエロギの店

ポーランド名物のピエロギ登場

まずはビールとジュースで乾杯。

一口飲んだ後

 

しばらく待って、ピエロギが登場した。

まずは茹でピエロギ。
ほうれん草とキノコのピエロギを選んだ。
ピエロギはたくさん種類があり、オーソドックスなのはひき肉入りだが、肉の入らないのも多いらしい。
サワークリームが別容器で付いてきて、餃子のタレ代わりのようだ。

奥のカレーが入ってそうな容器の中がサワークリーム

 

まずは何も掛けずに食べてみる。
薄味でもちっとあっさりで、疲れた胃にやさしい。

サワークリームを掛けてみる。
あっさりしていて食べやすい。

中身はこんな感じ

 

次に焼きピエロギがやってきた。
焼きピエロギはにんにくと玉ねぎを選んだ。

ぷっくり焼けている

 

焼いているが油っぽさはなく、こちらも食べやすい。
にんにくがガツンと効いているので、より餃子感がある。

焼きピエロギの中身

感想

このお店の一番いいところは、立地だ。

正直に言うと、ブログに書くかどうか迷った。
もし日本だったら書いていないと思う。

迷った理由その1:出てくるのがとても遅い
9月の頭の木曜日の夜、特に待たされる要因はないと思うのだが、とてもとても待たされた。
近くのテーブルのアメリカ人家族はあまりに待たされて怒って帰ってしまったほどだ。

迷った理由その2:味が可もなく不可もない
これで美味しくなければ迷わず紹介しないのだが、そこまで美味しくない訳ではない。
もしくはとても美味しければ、待つ価値ありと紹介するが、そこまで絶賛するほどでもない。

そういう訳で、非常に悩ましいお店だったのだ。

とにかく、観光地である旧市街から駅に向かう間にあるので便利だ。
なお、値段は、上記全てで1920円。
この立地にこの値段で飲み物がついてお腹いっぱいになるのだから、待たされるのも味が普通なのも許容範囲だと思う。
そういうお店だった。

お店情報

Gosciniec Polskie Pierogi
Podwale 19, Warsaw 00-252, Poland
クレジットカード使用可
英語メニューあり

関連記事

ポーランド・ドイツ旅行の記事をもう一ついかがですか?

ポーランド旅行に必要なお金とwifiとガイドブックについて
成田→ワルシャワの飛行機移動
ワルシャワ市民の台所、ハラ・ミロフスカ(Hala Mirowska)
Bulke przez Bibulke ベーグル発祥の国で食べる絶品ベーグルの朝食!
ポーランド・ユダヤ人歴史博物館。ユダヤ人の目で見た「ポーランドに何が起こったか」
ヴェデル本店。ポーランドの老舗チョコレートショップのカフェでゆったりとした時間
ワルシャワで王道のポーランド料理を!Prodiz Warszawskiは居心地の良いレストラン
ワルシャワ市民の生活が垣間見れる宿はホテルとAirBnbのいいとこ取り!ワルシャワレント アパートメンツ セントラルナ
ヴェデル・E.Wedel。ワルシャワ老舗カフェで朝食の時間をゆっくりと過ごす
ワルシャワ蜂起博物館で考えさせられた多くのこと。自分の住む街が戦いの舞台になることとは
フォーク・ゴスポダ(Folk Gospoda) ワルシャワでポーランド料理を食べるなら一番におすすめしたい店
ワルシャワの鉄道博物館を見た後、フランクフルトに移動

この記事が参考になったら
いいねやシェアいただけると嬉しいです

Twitter で