11月の個別セッション受付中です

Bulke przez Bibulke ベーグル発祥の国で食べる絶品ベーグルの朝食!


市場で朝ご飯を食べる予定が当てが外れてしまったので、違うところに行くことにした。
気になっていたけれど、今日の行程から少し外れるために行くのを止めたお店に向かってみよう。

ところが近くについても全く店が見つからない。
探すのにも疲れたので、目についた良さそうなお店に入ることにした。

お店に入って、メニューに書かれた店名を見て気づいた。
「あ、ここ、探してた店だ!」

この手前の店

完全に見落としていた看板

Bulke przez Bibulke Restaurant

こちらのお店はベーグルが人気と聞いていた。
ベーグルは世界のあちこちで食べられるが、元々の起源はポーランドのユダヤ人コミュニティーと言われている。
なので、せっかくなので食べてみたかったのだ。

もちろん、ベーグルを頼む。
私はベーグルのエッグベネディクトを、夫はベーグルのサンドイッチを頼んだ。

まず飲み物が出てきた。
私はオレンジジュース。夫はコーヒー。

このオレンジジュースが絶品!
オレンジをただその場で絞っただけの完全なるストレートジュース。
全く冷たくなく、室温で提供されるが、その方がオレンジの美味しさを感じられるだろう。
デザートのオレンジとして「食べる」と表現したくなるほどのオレンジジュースだ。

ヨーロッパではよく見る紙ストロー

 

そして、待つこと、しばし。
だいぶ、しばし。

ついにベーグルが登場した。

夫のベーグルサンド。
卵とトマトが入ったシンプルなサンドイッチだ。


 

そして私のエッグベネディクト。
ガーリックを塗ったベーグルに、細かくみじん切りにしたホウレン草の炒めものが乗り、その上にアボカドたっぷり乗っている。
ネギがパラパラと振りかけられている。


 

てっぺんに乗せられた卵の絶妙な半熟具合さ!

 

アボカドが完璧な熟し具合でもあり、とても美味しかった。

感想

訪問したのは金曜日の朝、10時より少し前。
お店は満席だった。

ところで、前夜に行ったピエロギ屋もそうだったのだが、このお店もとても待つ!
お客さんもそれを見越しているのか、PCや本を持ち込んで、本格的な時間つぶしをしていた。

サンドイッチとエッグベネディクトで30分以上は待った。
味は美味しいのでとてもおすすめだが、時間に余裕がある時に行くことをおすすめする。

お値段は、上記全部で1646円だった。
オレンジジュースがちょっと高かったようだ。

お店情報

Bulke przez Bibulke Restaurant
Zgoda 3, 00-018 Warszawa
営業時間: 7:30~23:00(土曜9:00~、日曜9:00~22:00)
定休日: 無休
クレジットカード使用可
英語メニューあり

関連記事

ポーランド・ドイツ旅行の記事をもう一ついかがですか?

ポーランド旅行に必要なお金とwifiとガイドブックについて
成田→ワルシャワの飛行機移動
旧市街すぐそばのピエロギ専門店Gosciniec
ワルシャワ市民の台所、ハラ・ミロフスカ(Hala Mirowska)
Bulke przez Bibulke ベーグル発祥の国で食べる絶品ベーグルの朝食!
ポーランド・ユダヤ人歴史博物館。ユダヤ人の目で見た「ポーランドに何が起こったか」
ヴェデル本店。ポーランドの老舗チョコレートショップのカフェでゆったりとした時間
ワルシャワで王道のポーランド料理を!Prodiz Warszawskiは居心地の良いレストラン
ワルシャワ市民の生活が垣間見れる宿はホテルとAirBnbのいいとこ取り!ワルシャワレント アパートメンツ セントラルナ
ヴェデル・E.Wedel。ワルシャワ老舗カフェで朝食の時間をゆっくりと過ごす
ワルシャワ蜂起博物館で考えさせられた多くのこと。自分の住む街が戦いの舞台になることとは
フォーク・ゴスポダ(Folk Gospoda) ワルシャワでポーランド料理を食べるなら一番におすすめしたい店
ワルシャワの鉄道博物館を見た後、フランクフルトに移動

この記事が参考になったら
いいねやシェアいただけると嬉しいです

Twitter で