11月の個別セッション受付中です

ヴェデル本店。ポーランドの老舗チョコレートショップのカフェでゆったりとした時間


ポーランド・ユダヤ人歴史博物館に行ったら、頭がぼんやりして何もする気が無くなってしまった。

そういうときは甘いものでも食べて休もうか、という話になる。

夕方過ぎだったので、甘いものを食べた後にすぐ夕飯になると分かっていたが、身体に残るどんよりとしてものをゆっくり休める必要がありそうだった。

ヴェデル

ポーランドの老舗チョコレートメーカー、ヴェデル。
今はロッテに買収されてしまったようだが、それでも気になる。

どうせ行くなら本店にと、E. Wedel Chocolate Loungeを目指した。

本店は朝食を食べたBulke przez Bibulkeのすぐ近くにある。

残念ながら外装工事中だったが、立派な建物だ。

カフェはこのビルの1階

カフェの入口

不思議なデザート

席に案内される。

さすが老舗。雰囲気がいい。

落ち着いた雰囲気

 

チョコレートショップだからホットチョコレートが気になるが、スイーツとホットチョコレートを両方頼んだら口の中がくどくなりそうだったので自重。
パフェも気になるが、肌寒かったので、これも自重。
ゼブラと名付けられたデザートを選んだ。

しばし待って登場。(ワルシャワのお店はどこも待つような気がする)

ゼブラ

 

ゼブラとは、チョコクリームとバニラクリームが合わせて入っているところから名付けられた名前らしい。
メニューの写真では側面が黒と白に分かれてシマウマっぽかったが、実物は全然違った。
まあ、そういうこともあるだろう。

味は、冷たくないアイスクリーム。
アイスクリームと思って食べると、室温なので驚くが、物足りないわけではなく、これはこれで完成されている美味しさと感じる。
下に砕いたチョコクッキーが入っていて、クリームと混ぜるとよく合う。
上に乗せられたクッキーは濃厚なチョコクリーム入り。
ただ甘いだけではなく、カカオの味わいがあるのでついつい一気に食べる。
しっかりと甘さを堪能できる味なので、甘党でもホットチョコとのセットはきついだろう。

私はペパーミントティーとのセットにした。

お茶のセット

お茶

 

なお、夫はコーヒーとパフェを頼んでいた。
アイスクリームはやはり美味しい。

コーヒー

パフェ

感想

このお店も提供されるまでに時間が掛かるが、ショップが併設されているので、そちらを見ていると楽しい。
カフェスペースもまあまあ広く、ゆっくりできた。

なお、ロッテに買収されたと言っても、店内には全くロッテ感はなく、ポーランドをたっぷりと楽しめる。

値段は上記2人合わせて1702円。
ポーランドの物価は随分と安く感じる。

お店情報

ヴェデルチョコレートラウンジ(本店)
E. Wedel Chocolate Lounge Staroswiecki Sklep
Szpitalna 8, Warsaw 00-031, Poland
営業時間:
日:9:00 – 21:00
月-金:8:00 – 22:00
土:9:00 – 22:00
英語メニューあり
クレジットカード使用可

関連記事

ポーランド・ドイツ旅行の記事をもう一ついかがですか?

ポーランド旅行に必要なお金とwifiとガイドブックについて
成田→ワルシャワの飛行機移動
旧市街すぐそばのピエロギ専門店Gosciniec
ワルシャワ市民の台所、ハラ・ミロフスカ(Hala Mirowska)
Bulke przez Bibulke ベーグル発祥の国で食べる絶品ベーグルの朝食!
ポーランド・ユダヤ人歴史博物館。ユダヤ人の目で見た「ポーランドに何が起こったか」
ヴェデル本店。ポーランドの老舗チョコレートショップのカフェでゆったりとした時間
ワルシャワで王道のポーランド料理を!Prodiz Warszawskiは居心地の良いレストラン
ワルシャワ市民の生活が垣間見れる宿はホテルとAirBnbのいいとこ取り!ワルシャワレント アパートメンツ セントラルナ
ヴェデル・E.Wedel。ワルシャワ老舗カフェで朝食の時間をゆっくりと過ごす
ワルシャワ蜂起博物館で考えさせられた多くのこと。自分の住む街が戦いの舞台になることとはフォーク・ゴスポダ(Folk Gospoda) ワルシャワでポーランド料理を食べるなら一番におすすめしたい店
ワルシャワの鉄道博物館を見た後、フランクフルトに移動

この記事が参考になったら
いいねやシェアいただけると嬉しいです

Twitter で