12月の個別セッション、受付中です

Zum Gemalten Hausでフランクフルト名物のアップルワインとソーセージ盛り合わせ!

Zum Gemalten Haus


ドイツと言えばビールだが、ビールがちょっと苦手な私。
ここフランクフルトではアップルワインも名物だと聞いたので、夕飯はアップルワイン(アプフェルヴァイン Apfelwein)の有名なお店に行くことにした。

アップルワインは、フランクフルトの中でもマイン川の南側にあるザクセンハウゼン地区の名物らしい。

地下鉄に乗ってザクセンハウゼンへ向かう。

Zum Gemalten Haus

アップルワインで有名なお店で、駅から行きやすいところ。
この2つの理由で、お店は「Zum Gemalten Haus」に決めた。

店内はなかなか広く、混み合っていてにぎやかだ。

Zum Gemalten Haus

Zum Gemalten Haus

アップルワインとフランクフルト

注文は、まずはアップルワイン。
そして、お店の方におすすめされた「フランクフルト料理盛り合わせ」にする。
フランクフルト料理盛り合わせはボリュームがあるので、2人でこれ1皿で充分とのこと。

まずは、アップルワイン登場。
味は、シードルから炭酸を抜いた味。
全然甘くはなく、リンゴの酸味がド迫力で前に来ている。

アルコールは控えめ。
通常だったら「ジュースみたいにゴクゴク飲めちゃう、危険!」と言いたくなるアルコール度数だが、ゴクゴクと飲み干したくなるような味ではないため、なんとなくチビチビと飲む。

後に聞いた話だと、アップルワインは発酵具合によって味が変わるのだそうだ。
なるほど、家庭の味というわけか。
こういう出会いがあるから、旅って面白い。

アプフェルヴァイン Apfelwein

アプフェルヴァイン Apfelwein

 

パンは見るからにドイツパン。
ライ麦好きの私、歓喜!

Zum Gemalten Haus

ライ麦パン

 

さて、フランクフルト料理盛り合わせが登場!

フランクフルト料理って…ソーセージばっかりやん!!!

Zum Gemalten Haus

フランクフルト料理盛り合わせ

 

朝・昼と連続ソーセージだったのに、更に夜もソーセージになってしまった。
ドイツの洗礼を思いっきり食らっている。

ただ、もう引き下がれない。
ソーセージに挑むのみだ。

ところが、これが案外バリエーションが豊富だった。

焼いたソーセージ。茹でたソーセージ。
粗挽きソーセージ。きめ細やかなソーセージ。
レバーパテのようなソーセージ。
血が混ざっているソーセージ。

日本では味わえない多種類のソーセージに唸る。
ドイツ、あなどれない。

Zum Gemalten Haus

内蔵を食べているかのようなソーセージ

Zum Gemalten Haus

きめ細やかなソーセージ

 

そして、ソーセージの下に隠れていたRippchenという豚肩肉の塩茹でのシンプルで美味しいこと!
肉の塊をシンプルに食らうことの幸せを感じることができる。

Zum Gemalten Haus

Rippchen

 

肉々とした夕飯だったが、一番下に引かれたキャベツの酢漬け(ザワークラウト)が救いとなって、無事に完食。

お店の人の言う通り、これ一皿で充分だった。

感想

お店は広く、とてもにぎやかで、大衆居酒屋のような雰囲気だった。
店員さんは大忙しだし、呼んでも声が届かないので、近くに来たタイミングで捕まえるしかない。
たくさんお酒を飲む人であれば、注文のタイミングに困るかもしれないが、私はこの半分放置されている感じがとても気が楽だった。

ところでこのお店では、クレジットカードの使用を断られてしまった。
ガイドブックではOKとなっていたが、「金額が安すぎる」とのこと。
確か35ユーロ前後だったはず。

このあたりも含めて「大衆居酒屋」という雰囲気を楽しむことができた。

お店情報

Zum Gemalten Haus
Schweizer Str. 67, 60594 Frankfurt, Hesse, Germany
営業時間:火-日10:00-0:00
定休日:月

他の人の口コミや詳細情報はトリップアドバイザーが詳しい。→トリップアドバイザーのリンクはこちら

関連記事

ポーランド・ドイツ旅行の記事をもう一ついかがですか?

ポーランド・ワルシャワ編

2019年9月5日〜7日の記録です

食事編

旧市街すぐそばのピエロギ専門店Gosciniec
Bulke przez Bibulke ベーグル発祥の国で食べる絶品ベーグルの朝食!
ヴェデル本店。ポーランドの老舗チョコレートショップのカフェでゆったりとした時間
ワルシャワで王道のポーランド料理を!Prodiz Warszawskiは居心地の良いレストラン
ヴェデル・E.Wedel。ワルシャワ老舗カフェで朝食の時間をゆっくりと過ごす
フォーク・ゴスポダ(Folk Gospoda) ワルシャワでポーランド料理を食べるなら一番におすすめしたい店

観光・博物館編

ワルシャワ市民の台所、ハラ・ミロフスカ(Hala Mirowska)
ポーランド・ユダヤ人歴史博物館。ユダヤ人の目で見た「ポーランドに何が起こったか」
ワルシャワ蜂起博物館で考えさせられた多くのこと。自分の住む街が戦いの舞台になることとは
ワルシャワの鉄道博物館を見た後、フランクフルトに移動

その他編

ポーランド旅行に必要なお金とwifiとガイドブックについて
成田→ワルシャワの飛行機移動
ワルシャワ市民の生活が垣間見れる宿はホテルとAirBnbのいいとこ取り!ワルシャワレント アパートメンツ セントラルナ

ドイツ編

2019年9月7日〜9日の記録です。
ドイツは球場でもソーセージが絶品!美味しいホットドッグを食べながら見る野球の欧州選手権
Zum Gemalten Hausでフランクフルト名物のアップルワインとソーセージ盛り合わせ!
フランクフルトでおすすめの店、Romer Pils Brunnenはシュニッツェルが絶品!
中国国際航空ビジネスクラス搭乗記。CA932→CA167の乗り継ぎはおすすめしない件

この記事が参考になったら
いいねやシェアいただけると嬉しいです

Twitter で