11月の個別セッション受付中です

ヴェデル・E.Wedel。ワルシャワ老舗カフェで朝食の時間をゆっくりと過ごす


ワルシャワ最後の朝。
やりたいことが盛り沢山なので、ホテルのすぐ近くであり、ワルシャワ中央駅に隣接しているZlote Tarasyというショッピングモールで朝食を取ることにした。

行ってみると、前日に入ったカフェのヴェデルの支店が入っていて、朝食メニューもあるとのこと。
迷わずそこに決めた。

ヴェデル(E.Wedel)の朝ごはん

朝一番から甘いものを食べると胃がもたれるお年頃になってしまった今日この頃。
ヴェデルの朝食はごく普通の洋食な朝食で一安心。
例えばこんな感じで卵の朝食だったりする。

これが500円以下。お手頃!

このスクランブルエッグの朝食にとても惹かれたのだが、ポーランドに来てから生野菜をほぼ食べていないため、身体が生野菜を欲していた。
生野菜が食べられるメニューもちゃんと用意されていた。

ヴェデル・E.Wedel Zlote Tarasy

ヴェデル Zlote Tarasy店

お肉も野菜も

私は野菜を食べたかったが、タンパク質もしっかり取っておきたかったので、焼いた鶏肉とサラダのセットを頼んだ。

お茶もセットになっていて、選択肢が豊富。
カフェインが苦手な私でも頼むことができるハーブティもあるのが嬉しい。

ファンシー煎茶も気になるところ

 

今回はラズベリーロイヤルを頼んだ。

お茶セット

中身はこれ

きれいな色

鶏肉のグリルは10分ほど待つけど大丈夫か?と聞かれてはいたのだが、結局20分近く待って登場したのがこちら。
美味しそう!

鶏肉とチーズのグリル

 

鶏肉はパリッとジューシーに焼けている。
ドライトマトとバジルソースが載り、その上にモッツァレラ。
鶏肉の下にはバルサミコソース。

サラダは葉がほろ苦くヨーロッパぽい。

別に頼んだクロワッサンはサクサクで、満足度が高いものだった。

クロワッサンも美味しい!

 

こちらは夫の頼んだサラダセット。
美味しいと言っていた。

鶏肉たっぷり

感想

この日は土曜日の朝だったが、お店は空いていて利用しやすい。
立地がいいので、とても便利だ。

上記に、更にクロワッサンをもう1つ注文し(夫が食べた)、合計2121円。
この値段で土曜の朝をゆっくりと過ごせるのだから、ありがたい。

お店情報

Pijalnia Czekolady E.Wedel Złote Tarasy
ul. Zlota 59 | Zlote Tarasy, Warsaw 00-120, Poland
営業時間:日:9:00-21:00、月-土:9:00-22:00
クレジットカード使用可
英語メニューあり

関連記事

ポーランド・ドイツ旅行の記事をもう一ついかがですか?

ポーランド旅行に必要なお金とwifiとガイドブックについて
成田→ワルシャワの飛行機移動
旧市街すぐそばのピエロギ専門店Gosciniec
ワルシャワ市民の台所、ハラ・ミロフスカ(Hala Mirowska)
Bulke przez Bibulke ベーグル発祥の国で食べる絶品ベーグルの朝食!
ポーランド・ユダヤ人歴史博物館。ユダヤ人の目で見た「ポーランドに何が起こったか」
ヴェデル本店。ポーランドの老舗チョコレートショップのカフェでゆったりとした時間
ワルシャワで王道のポーランド料理を!Prodiz Warszawskiは居心地の良いレストラン
ワルシャワ市民の生活が垣間見れる宿はホテルとAirBnbのいいとこ取り!ワルシャワレント アパートメンツ セントラルナ
ヴェデル・E.Wedel。ワルシャワ老舗カフェで朝食の時間をゆっくりと過ごす
ワルシャワ蜂起博物館で考えさせられた多くのこと。自分の住む街が戦いの舞台になることとは
フォーク・ゴスポダ(Folk Gospoda) ワルシャワでポーランド料理を食べるなら一番におすすめしたい店
ワルシャワの鉄道博物館を見た後、フランクフルトに移動

この記事が参考になったら
いいねやシェアいただけると嬉しいです

Twitter で